• どこ?タン

    名もなき場所にもスポットを当てよう

行ってみたい!千葉にあるちょっと変わった形の珍しいトンネル 7選

千葉にあるちょっと変わった珍しいトンネルの紹介です。
コメント
1-7表示/全7件中
[1]
2018年5月07日13:51
(名無し)さん
id:dCLPRxD3xli.

奥米隧道(おぐごめずいどう)

昭和30年3月竣工の古い素掘りトンネル。
怖い雰囲気では千葉一番。
心霊スポットでも有名。
住所:〒292-1174 千葉県君津市 正木391-1
  • 39
  • 5
[1-1]
2018年5月27日14:00
(名無し)さん
id:dLL8XGzVKJ/w
手彫り、ゴツゴツとした壁、曲がりくねったトンネル。
オレンジの光が不気味さを醸し出している。
どこかのアトラクションみたい。
[2]
2018年5月11日03:36
(名無し)さん
id:dz9k0FaHymUc

月崎トンネル

途中の上部が抜けて空が見える不思議なトンネル。
住所:〒290-0548 千葉県市原市柿木台
  • 94
  • 5
[2-1]
2018年5月28日11:00
(名無し)さん
id:dd4poLhdd60g
細い林道で道が荒れてます。
林の中にある小さなトンネルでその光景はとても幻想的です。
[3]
2018年5月15日20:35
(名無し)さん
id:dWpucEu0x9xI

コンクリートで半分以上塞がれているトンネル

2/3がコンクリートでふさがれている奇妙なトンネル。
私有地に道路とトンネルを作ってしまったためこのような状態になっているらしい。
住所:〒299-1861 千葉県富津市金谷758
  • 22
  • 3
[3-1]
2018年5月29日04:06
(名無し)さん
id:dGLdutpmwVzE
きっとすごく揉めたんだなということがよく分かる状態でした。
交通量が少ない道なのでまだいいですが道を使う人にはとても不便です。
[4]
2018年5月23日01:08
(名無し)さん
id:de3sBHYmAvLk

永昌寺トンネル

将棋のような形になる観音堀りという珍しい工法のトンネル。
竣工は明治31年(1898年)と古い。
住所:〒290-0547 千葉県市原市月崎
  • 22
  • 1
[4-1]
2018年6月21日09:50
(名無し)さん
id:dgIOiy/bipJE
まだトンネルを掘る技術が乏しかったころにはこの工法が強度を保つには最適だったのでしょう。
というより現代にも残っているということが何よりの証拠ですね。
[5]
2018年5月31日12:24
(名無し)さん
id:dsJfymDcwuc2

共栄・向山トンネル

素掘りの2階建てになっているトンネル。
トンネルの途中の下を更に掘削して新たにトンネルを作ったが旧トンネルはそのまま残したためこのような構造になった。
住所:〒298-0267 千葉県夷隅郡大多喜町葛藤176
  • 78
  • 1
[5-1]
2018年6月26日09:09
(名無し)さん
id:d5JgurIqfUAk
上下のトンネルの形が違うことから作られた時代が違うというのがひと目でわかります。
それにしても不思議な光景です。
[6]
2018年6月01日18:48
(名無し)さん
id:dz/QGb1WM0XA

亀岩の洞窟

近年有名になった滝が流れるトンネル。
濃溝の滝という間違った名前が広まった。
水田に水を通すため川からショートカットする経路を作った人工のトンネル。
住所:〒292-0526 千葉県君津市笹
  • 100
  • 1
[6-1]
2018年6月13日08:23
(名無し)さん
id:dtGwfXu4qQDI
ここは公園の一部ですが「濃溝の滝という名前は間違ってる」という説明の張り紙がぎっしり貼ってありました。
一度広まった間違った名前を訂正するのはなかなか難しいみたいです。
[6-2]
2018年6月19日16:23
(名無し)さん
id:dxbloDlQkQEg
夏はこの滝を歩いてトンネル内を歩けますよ。
[7]
2018年6月09日13:19
(名無し)さん
id:djgccSGMVMSM

燈籠坂大師の切り通しトンネル

幅が2mしかないのに高さが5m近くもあるトンネル。
トンネルを作ったが勾配が急だったので再度切り下げ工事を行ったため崖の隙間のような形状になった。
住所:〒299-1622 千葉県 富津市萩生8−2
  • 19
  • 3
[7-1]
2018年6月28日17:10
(名無し)さん
id:dVRQubOyxdqI
トンネルというより岩の隙間のような感じがしました。
なかなかの光景でした。
1-7表示/全7件中
同カテゴリーのスポット
ピックアップ
おすすめ
サイトへのご意見
トップページ
トップに戻る